フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【App】Oresund #3.1.0 の告知 | トップページ | iPhone5 黒を買うか?白を買うか・・・ »

2012年10月11日 (木)

遠い国で行われた、身近な話

先日、体験したちょっとひやりとした話。
「ひやり」、といっても、怪談の類の話ではないのでご安心を。

アメリカの日系の知人からこんなメールを貰った。

This message is coming to you with great depression due to my state of discomfort. I came down here to Bilbao, Spain with my family for a short vacation but unfortunately, we were mugged and robbed at the park of the hotel where we stayed. All cash, credit cards and cell phones were stolen off us but we still have our lives and passports.

We've been to the embassy and the police here and they have done the best they can. Our flight leaves in less than 12hrs from now but we are having problems settling the hotel bills and the hotel manager won't let us leave until we settle the bills which is 1,950 Euro ($2450). I am contacting you to ask for a short loan which I will refund immediately I get my family back home safely. Let me know if you can help.

Looking forward to positive response.

Thank you

予約するとこう。
家族で、スペインのビルバオというところに旅行に来ていて、ホテルの近くの公園で不幸なことに強盗にあって、現金、パスポート、携帯電話などすべて盗られてしまいました。
警察や大使館に届出はしたけれども、帰りの飛行機までに12時間もない。でも、ホテルの支配人は2450ドルの支払いの手続きが終わるまで去ることを許してくれません。
一刻も早く、家に帰るために支援をお願いします。

それは大変だ、と思い助ける意図があることをメールしたあと、こんなメールが帰ってきた。

Glad you are willing to help. As soon as we are back home tomorrow we would definitely refund the money. A friend have promise to wire me some cash,at the moment i need $1,600 to add up and sort my bills,don't worry i will def refund it as soon as in get home,i will appreciate you have the $1,600 wired via western union asap as i have limited time.

Receiver's Name: ******** ( *** は知人の名前 )
Location: Sabino Arana 95,
48013, Bilbao, Spain

As soon as it is done, kindly get back to me with the confirmation number and all the western union details given to you including the amount sent.
Let me know when done.

要約すると、

あなたの申し出、感謝します。
明日、帰ったら直ぐにあなたにお金をお返しします。
友達の何人かはお金を送ってくれているので、あと1600ドルが必要です。早く家に帰るように帰ってたらすぐに払い戻すので心配しないでください。
私はあなたが「wired via western union asap」(このへんよくわからず)で1600ドルを
送金してください。タイムリミットは近づいています。
受取人の名前:********(***は知人の名前)
場所:サビAranaの95、
48013、ビルバオ、スペイン
終了したら、私に教えてください。

この時点で、送り主は、本人ではないだろうと感じた。
お金が必要ならば、まずは身内にメールとかではなく、電話で連絡するだろうし、
わざわざスペインに転送しろとも言わないだろう。
もしかしたら、強盗犯が盗んだ携帯電話を使ってメールしてきている可能性も考えた。

ともかく、おもいっきり日本語の文章で、海外への送金は難しいので、助けられないでーすと返信したところ、おかしな和訳文章が返ってきたので無視することにした。

翌日、本人から日本語でメールが届いた。
どうやらメールアカウントを、悪い奴に乗っ取られてしまっていたとのこと。
幸い、すぐに電話で知らせてくれた人がいて、パスワード変更して事なきを得たらしい。

やっぱりか!と思うと同時に、ちょっとひっかかりそうだったので、冷や汗をかいてしまった(^^;
お金の転送方法がPayPalやその他クレジット決済だったら、その手軽さと支払えない金額でないという心理から、お金を送ってしまったかもしれない。
もし、本人名義の口座、決算サイトのアカウントを偽造できたなら? 実際にお金を送ったかもしれない。
そういう点では犯人の詰めが甘かったので、被害者にならずに済んだとも言える。

もう一つ、気になったのがお金の転送先がスペインだったってこと・・・。
スペインといえば、現在、EUの中でも経済危機に直面している国である。
Googleマップで、ビルバオという場所を調べてみた。
古い町並みではあったけれども、寂れた場所だと感じた。
ちょっと前なら、こうしたネットワークを絡めた犯罪は中国の農村部やブラジル、ロシアなどの地域でよく行われていたものだ。

なぜ、中国の農村部やブラジル、ロシアが多かったのか??
一度でも引っかかってくれればそれが彼らの年収に匹敵する金額を手にできるからだ。
肝心のハッキングはツールがやってくれるし、無作為に公共の電波を利用する上にみんなやるものだから、個人を特定もほぼ不可能。被害を訴えられても国境の壁は厚く、後ろに手が回ることはほとんどない。365日、汗水たらして稼ぐよりも稼げる上にお手軽にできるものならば、それに没頭しちゃうでしょう?
もしかして、スペインもそんな状況になってきているのかな?と考えがよぎった。

また、ソーシャルネットワークによるつながりが増えている、昨今、このようなケースは増えるのではないだろうか?
一つもアカウントを看破してしまえば、そこから得られる情報で、その人になりすますことは可能である。
そして、世の中にはきっかけさえあれば、お金を出す人も多い。
・・・そう、私もその一人である。

気をつけよう。

« 【App】Oresund #3.1.0 の告知 | トップページ | iPhone5 黒を買うか?白を買うか・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144298/55863950

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い国で行われた、身近な話:

« 【App】Oresund #3.1.0 の告知 | トップページ | iPhone5 黒を買うか?白を買うか・・・ »

最近の写真