フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 人の流れが増えてきた話 | トップページ | 2ちゃんで評判のブラック会社との契約を振り返って »

2012年4月10日 (火)

WindowsPhone開発ライセンスをやっと購入!!!

やっとこさ、登録できたべさ!!!!!
ここまで来るのに1ヶ月くらいかかっている(T__T
マイクロソフト社のサポートの対応ップリには全くもってイライラさせられました。(>_<

私のように困っている人がいると思うので、ここにその方法論を書き記す。
まず、WindowsPhoneの開発ライセンスを登録するには、WindowsLiveアカウント、もしくは、XboxLiveアカウントが必要になる。

アカウント登録後、AppHubにて個人情報を登録する。
http://create.msdn.com/ja-JP/

登録を進めていくと最後に、9800円払えとでてくる。
払う方法は2通り。
 1. クレジットカードを登録する
 2. コードを入力する(おそらくゲーム用の)

2,については、よくわからないので、方法1.を選択する。
しかしながら、いざ登録しようとすると、
クレジットカード番号正しく入力してください
というふざけたメッセージが出てくる。
入力が正しいものであっても、弾かれてしまう。

対処法を求めて、いろいろと調べてみたのだが、なかなか方法が見つからない・・・。
が、このたび、1つ、クレジットカードを登録する方法を発見した。

ちなみに、サポートにメールしたり、電話したりもした。
が、まったくもって、解決しなかった。それどころか、膨大な時間を無駄にしてしまった。
彼らに連絡する前に、下記の手順を試してほしい

「Age of Enpires online」というゲームがある。
私も学生時代、実験装置を動かしながら、遊んだものである。
まずは、これをインストールします。

なぜか?
AgeOfEmpire Onlineは、WindowsLiveアカウントを用い、ユーザを認証し、また、ゲーム内でコンテンツ販売を行なっているためだ。
購入にはクレジットカードも使える。
ここで登録したクレジットカードは、AppHubでも参照できる。

以上が、私が試した、AppHubにクレジットカードを登録する手法だ。

さて、なぜWindowsPhoneを・・・と疑問に思われるかもしれない。
それは、Windows8の影響が大きい。
「Windows8は、モバイル機、PC両方で使うことができるOS」だからである。

かつては、スマートフォン用に「Windows Mobile」という名前でキャリアに提供していたOSは、非常に使いづらく、また中途半端なものであった。
Windows8がインストールされたスマートフォンが、どこまでPCの機能を踏襲するかはわからないけれども、「Windows8に統一する」点に面白みがあると感じるのである。

Apple社の次期MacOS、「Mountain Lion」も、iOSで提供している機能が使えるようにしていくようだ。また、あまり、話題になっていないが、実は「Lion(10.7)」では、iOSで使われるAPIが多数移行されている。

おそらく、次期Macは、AirPlayも搭載されるのではないだろうか?
Apple社は、モバイル機とMacとを融合させていきたいのだと思う。

ちょうど、海外では機種交換の時期に入る。
自分が使っているPCと同じ感覚でスマートフォーンを扱えるなら、
WindowsPhoneを選択する人もいるのではないだろうか?

« 人の流れが増えてきた話 | トップページ | 2ちゃんで評判のブラック会社との契約を振り返って »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144298/54441964

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsPhone開発ライセンスをやっと購入!!!:

« 人の流れが増えてきた話 | トップページ | 2ちゃんで評判のブラック会社との契約を振り返って »

最近の写真