フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年4月

2012年4月21日 (土)

2ちゃんで評判のブラック会社との契約を振り返って2

2ちゃんで評判のブラック会社との契約を振り返って
では、グレイスケール社に対しての不備を列挙させてもらったのだが、

どうしても、許せなかった部分がもう一つある。
それは、現場での面談で立ち会った人物が、一次受けの会社でも、グレイスケール社の人間でもなかったことだ。

その人物は、それぞれの会社で「顧問」という肩書きを持つ人物であるが、両方のHPには名前の無い人物である。

あとで知ったのだが、その人はエージェントテクノロジーの元社長で、業界内でもかなり評判の悪い人だった。
興味のある方はぜひ、検索してみてほしい。

おそらく、この人物が「顧問」をしている会社は他にもたくさんあるのだろうけれど、
はっきり言う。
関わるべきではない。

2ちゃんで評判のブラック会社との契約を振り返って

標題のとおりなのですが・・・
2chの情報システム板で、こんなスレッドがある。
「フリーランスのエージェント」

そこに挙げられている会社は「ブラック会社」であるとされている。
その中でも、ランク分けされており、
 ・ 極上ブラックエージェント
 ・ 準ブラックエージェント(過去に不払いの話題有り)
 ・ 並盛り
 ・ あぼーん

とわかれており、その順位は
 あぼーん   > 極上ブラックエージェント > 準ブラックエージェント > 並盛り

となっており、左側ほどひどいとされている。
昨年、その中でも、「並盛」とされる会社「グレイスケール」と契約を結び、仕事することになったのだが、
まあ、ひどいもので・・・。
ストレスで、すっかり身体を壊してしまった。
どんなふうにダメだったか?というと、100店満点中0点。
正直、ここの会社との契約を考えている技術者、また業務委託している会社は考え直したほうが良い。

私が最期に、契約破棄を求めた際につきつけた理由を下記に示す。

契約時:
 面談の指定場所が「銀座」と指定(実際は東京駅)
 5月中旬頃にプロジェクトの参加がきまるも・・・。
 ・書類を送ると言われるも、2週間届かず。
 ・しょうがないので、事務所に行くも契約書の準備ができていない。
 ・就業前日・夜にようやく契約。
  このとき、初めて現場→スマートソーシャル→グレイスケール→自分の契約となった
  ことを聞かされる。
  最初は、現場→グレイスケール→自分のはずだった。

契約更新時について
 ・契約書の送付が遅い。こちらから言わないと送ってもらえない。送ってもらえても、
届くのに3日以上かかる。
 ・封筒の宛名が「◯◯様」で送ってくる。(「◯◯」は苗字、「△△」は名前)
  ・・・ これまで取引のある会社で、宛名が「◯◯様」と送ってきた会社はない。
      封筒の中には、注文書で「◯◯△△」と書いてある。
 ・9月末時点で、11月まで発注を受けているのにもかかわらず注文書は10月末まで
 ・11月の契約の話が、該当月にはいってから3営業日後。

情報共有について
 ・新規参加メンバーについての連絡がない。(実は、同じ会社から人が投入されている)
  ・・・契約が10月までだったこともあり、自分自身の交代要員と認識。
 ・12月の話をプロパーさんから聞く。(10月)
  ・・・はじめて、11月の発注がでていることを知る。

現場内での誓約書について
 ・・・ 現場からは、後期分の誓約書を契約先の営業より受領して欲しいと指示があった。
     受け取って、署名、捺印後、現場の総務担当へ手渡しする。
 ・私から誓約書の件について問い合わせるまで、連絡なし。
 ・郵送するといわれるが、2営業日後にまだ転送していただけていない。
 ・3営業日目で結局、直接、現場に持ってきてもらう。
  その際、もめる。
   ・ 「1次受けの会社に転送しますね」と言われるが、。
      「現場からは直接、手渡せっていわれてるよ?どういうこと?」
   ・ 「電話して聞いてみます。」と目の前で、一次受け会社(スマートソーシャル)へ連絡するふりをする。
  ちなみに、記入した誓約書は、転送されず。結局、転送されたのは翌月になってから。

その他
 ・振込指定日に、入金されない。その理由:「忘れていました」
 ・10月の2週目に体調不良を訴えた際:
  ・・・ 2週間、連絡なし。
  ・・・ 自分の主張がそのまま、上に伝わらない。報告もない。
  ・・・ 直接あって、話をした際に、
     ・「甘えだ」、「仕事なので、遊びではない」と言い放つ。
       ・・・ちなみにこのとき、翌月の契約は結んでいない。
     ・ 病院に行っていないんだろ?ってことは、そんな大したことはないんだろ?
      ・・・ 現場の作業がおろそかになるので、病院には行けない
     ・「上への言い方を考える」と3営業日連絡がなし。
     ・  その間、病院で検査を受けて診断書を受領。
       「診断書には2週間の休養が必要」と書かれた診断書を転送。
     ・ その後、一次受けの会社と話をしたのかどうかすらわからない状況のまま
       10月最終週に突入。
     ・ 11月の契約書も送られてこない、
   ・・・ 1次受けの会社に自分から連絡。
      「やめていい?」
     「1ヶ月前に現場と、11月の契約を結んでいるので、契約不履行になるの
      でやめてほしい」

  ※ このあと、11月は仕方ないのでグレイスケールと契約。
    12月から1次受けの会社と契約することに。

 ・連絡がすべて電話 or ショートメール
  ・・・メールによるやりとりがないため、ビジネスとしてなりたたない。
     メールによる返信がほとんどない。あったとしても、1,2営業日遅れる。
 ・4割〜5割以上がマージとして取られている。
 ・嘘をつく。
  ・・・ ついた嘘一覧
    ・ 「あなたにお渡ししているお金は一切、中間マージをとっていません。」
     ・・・ そんなわけないでしょ。
        1次受けの会社から2.5割抜き取っていたことがあとで分かる。
    ・ 誓約書について、1次受けの会社からは何も連絡きてません。
      僕らも困っているんですよね・・・
     ・・・ あとで確認すると、誓約書は現場から話があった直後に、グレイスケールに
        転送していたとのこと。

個人事業主として感じること:
 ・取引先であるという認識を持っていただけていない。
 ・パートナーであると思われていない。また、パートナーとは思えない。
 ・人と思われていない。
 ・評価が低い、高い以前に、評価すらしていない。
 ・軽んじられている。
  ・・・ アクションを起こすのが遅い(江上からお願いしなければ書類が届かない)
  ・・・ 自分でなくても代わりはいつでも「調達」できるのだろうから、
     必要とし、評価してくれる会社とパートナー関係を結ぶべきである。
  ・・・最低限の仕事をしていただけていないので、(株)グレイスケールのために仕事
     はしたくない。

こういうことが、あったわけである。そういうことがあって、
1次受けの会社と契約することにあるのであるが、、、この会社もクセモノであった・・・。

2012年4月10日 (火)

WindowsPhone開発ライセンスをやっと購入!!!

やっとこさ、登録できたべさ!!!!!
ここまで来るのに1ヶ月くらいかかっている(T__T
マイクロソフト社のサポートの対応ップリには全くもってイライラさせられました。(>_<

私のように困っている人がいると思うので、ここにその方法論を書き記す。
まず、WindowsPhoneの開発ライセンスを登録するには、WindowsLiveアカウント、もしくは、XboxLiveアカウントが必要になる。

アカウント登録後、AppHubにて個人情報を登録する。
http://create.msdn.com/ja-JP/

登録を進めていくと最後に、9800円払えとでてくる。
払う方法は2通り。
 1. クレジットカードを登録する
 2. コードを入力する(おそらくゲーム用の)

2,については、よくわからないので、方法1.を選択する。
しかしながら、いざ登録しようとすると、
クレジットカード番号正しく入力してください
というふざけたメッセージが出てくる。
入力が正しいものであっても、弾かれてしまう。

対処法を求めて、いろいろと調べてみたのだが、なかなか方法が見つからない・・・。
が、このたび、1つ、クレジットカードを登録する方法を発見した。

ちなみに、サポートにメールしたり、電話したりもした。
が、まったくもって、解決しなかった。それどころか、膨大な時間を無駄にしてしまった。
彼らに連絡する前に、下記の手順を試してほしい

「Age of Enpires online」というゲームがある。
私も学生時代、実験装置を動かしながら、遊んだものである。
まずは、これをインストールします。

なぜか?
AgeOfEmpire Onlineは、WindowsLiveアカウントを用い、ユーザを認証し、また、ゲーム内でコンテンツ販売を行なっているためだ。
購入にはクレジットカードも使える。
ここで登録したクレジットカードは、AppHubでも参照できる。

以上が、私が試した、AppHubにクレジットカードを登録する手法だ。

さて、なぜWindowsPhoneを・・・と疑問に思われるかもしれない。
それは、Windows8の影響が大きい。
「Windows8は、モバイル機、PC両方で使うことができるOS」だからである。

かつては、スマートフォン用に「Windows Mobile」という名前でキャリアに提供していたOSは、非常に使いづらく、また中途半端なものであった。
Windows8がインストールされたスマートフォンが、どこまでPCの機能を踏襲するかはわからないけれども、「Windows8に統一する」点に面白みがあると感じるのである。

Apple社の次期MacOS、「Mountain Lion」も、iOSで提供している機能が使えるようにしていくようだ。また、あまり、話題になっていないが、実は「Lion(10.7)」では、iOSで使われるAPIが多数移行されている。

おそらく、次期Macは、AirPlayも搭載されるのではないだろうか?
Apple社は、モバイル機とMacとを融合させていきたいのだと思う。

ちょうど、海外では機種交換の時期に入る。
自分が使っているPCと同じ感覚でスマートフォーンを扱えるなら、
WindowsPhoneを選択する人もいるのではないだろうか?

« 2012年2月 | トップページ | 2012年8月 »

最近の写真