フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

iOS5beta2をインストールしてみたが・・・

iOS5 beta 2が開発者向けに公開されました。

Beta1には非常にストレスを感じていた自分としては待ちに待ったアップデート・・・
でしたが、どハマってしまいました。

iTunes 10.5 beta 2も一緒に公開されていたので、これをインストールした後で作業をおこなってみたのだが・・・。後述するが、これがさんざんだった・・・

というのも、Beta版アップデートには、Xcodeのオーガナイザからやっていたのでが、
これでiPad1 にiOS5 Beta2 のインストールを行ったところ、ファームウェアのアップデートが終わった後で、iPadが何の反応も示さなくなってしまったのだ。

電源ボタンを入れてもダメ。
電源ボタン+ホームボタンでもダメ・・・

仕方なく、iTunes に接続する。
すると、iOS4.3.3ではあるが、リストアまでやってくれた。しかしながら、それまでいれていた設定は全ておジャン・・・。
バックアップをとるか・・・と思ったが、iTunes のバージョンアップしたせいなのか、iOSのバージョンの差異のせいなのかわからないが、できず!

ここで、Xcodeのバージョンアップを決意する。Xcode4.2 With iOS5.0 Beta2である。
これは、前にBeta1をインストールしたときは、既存のアプリの更新ができなくなるので削除した経緯はある。

しかしながら、今のXcodeのバージョンだから、失敗した可能性があると考え、バージョンアップを試みる。
だが、インストール途中で、iTunesが起動しているので、これ以上、作業ができないとインストーラが訴えてくる。
あ、そかそか・・・と思い、iTUnesを閉じようとすると、そんなものは上がっていない。

迷った挙句、Xcodeのインストールを中止し、一度、Mac自体を再起動することに。

再起動後、Xcode なにがし Beta2をインストール。
今度はうまくいった。
しかし、オーガナイザから、iOS5.0 beta2 のインストールは失敗・・・。
先ほどと同様、iPad自体が起動しなくなってしまった。

2chをチェックしたところ、同様にiPod Touch 4th でも同様の事象になるとのこと・・・
回避策に、iTunes  option + restoreと書いてある。

何のこと????
と、しばらくiTunesを眺めてみる。iTunesから、iPadデバイスを眺めると、「restore」ボタンがある。おそらくは、「iTunes  option + restore」のrestoreはこのrestore.

しかし、iTunes 内のどこを探しても、あたらしいiOS5.jspwファイルを指定する箇所が見つからない・・・
そこでひらめいたのが、「optionキー」。これを押しながらなんじゃないか・・・?
と思ってやってみるとどんぴしゃり!
jspwファイルを指定し、無事にiOS5 Beta2にアップデートができた。

では次にXcodeのバージョンを戻すだけ・・・
Xcode4.2なにがしBeta2をアンインストールしたあとで、通常版のXcode4のインストールを行う。
しかしながら、ここでもiTuensをとじろメッセージ。

ありゃ、まだとじてなかったか?
と思い、チェックするが、常駐していない。

とりあえず、インストーラーを強制終了し、Macを再起動。

再起動後、再度、Xcode4のインストールを行う。
しかし、ここでも、途中でiTunes をとじろメッセージ。おかしい。
インストーラーをとりあえず強制終了、もう一回、動かしてみる。
すると、「前のインストールが終わってから、インストール開始するね」という旨のメッセージが・・・

おかしい!!

Macを再起動・・・。
そして、もう一回、Xcodeのインストールを開始。
途中で、何度目だろう・・・、「iTUnesを止めろ」メッセージが・・・

iTUnes よ、お前は、何もんじゃ!?!?!?!?

ここで、iTunesのダウングレードを試みる。
しかし、「最新のiTunes が入ってるからインストールできないよ」のメッセージが・・・。
アンインストールしか方法はないのだろうか・・・?
しかし、取得したバックアップが消えてしまうおそれもある。

もう一度、Xcodeのインストールを試みる。
おそらくは、バックグラウンドで、iTunesのなんかが動いているのだろうと、予測し、
「iTunes を止めろ!」メッセージが出てきた際に、アクティビティモニタを起動し、プロセスをチェック!
(アクティビティモニタは、/Applications/Utilities にあります)

iTunes *** Helperという輩を Kill!!

インストールを再開してくれた!!!
よかった!!!!

ここまでは・・・

バージョンアップしたのは、iPad。
まだ、iPhone4が残っている。iTunesに接続してみる。

すると、バージョンが対応してないから、バックアップ録れないよ、
のメッセージが・・・
泣く泣く、iOS 5 beta 2をインストールしてやりましたよ、ええ・・・

今回のバージョンアップ、本当に大丈夫なのかな・・・?
疑問ばかりのこる・・・

2011年6月20日 (月)

Xcode4.2&iOS5 Beta で残念なこと

今月に入って、他の仕事を受けつつ、アプリ改修を進めておりますが、あんまり進んでいないのが現状です。

日々の忙しさから、も理由の一つですが、もう一つは今月からBeta版がリリースされている新しいXcodeとiOSを導入して、開発を進めているからです。

というのも、OresundをiCloudに対応させたいなあ・・・って思っておりまして、そのために、いろいろと調査を兼ねて試しているところだったのですが・・・

進んでいない、ということは、とっても残念な事象に見舞われて、がっつり時間を取られているってことです・・・。

このXcode4.2は、Beta版とはいえ、あまりにもふざけすぎている・・・。
本当に、iOS5 Beta専用の開発環境でしかなく、現行のアプリのメンテナンスや新規にアプリを公開しようとしてもできない。

しかたなく、開発環境をXcode4.0.2に戻して、使用することにしたが、今度はiOS5をインストールしたiPhoneがXcode4.0.2では認識しなくなった。
どうやら、しらないOSとして認識しているようだ。

iOS5が目玉なのはよくわかったが、「現行」の開発のことも考えて欲しいものだ。

この状況が、しばらく続くとなるとかなり辛い。。。
早くBeta2、Beta3とiOSのパフォーマンス込みで向上していってほしい。

2011年6月11日 (土)

わたしごとではありますが・・・

一個お知らせがあります。

毎度、楽しみにしていただいている、hakase_eのプログですが、
閉鎖はしませんが、更新頻度は極端に低下します。

加えて、アプリの更新も、1週間に1度の頻度でやらせていただいておりましたが、ペースが落ちます。

というのもですね・・・。

実は、今月から、就業いたしまして、とある会社さんにて常駐しながら、iPhoneアプリ開発のお手伝いをさせていただくことになりました。
アプリを作るというよりは、「iPhoneアプリ開発の下地を作る」作業。

アプリを作るより、ハードな作業ではあります・・・。
しかしながら、「専門家」として迎え入れてくれた会社さんのためにも、どこまでできるかはわかりませんが、可能なかぎり頑張ってみようと思っています。

「アプリ開発」は、私のプログラマ、SEとしての「今の自分」を表現できる場ではありますが、
今度は、「一人のIT技術者としての経験のすべて」を表現する事になると思います。

新しい挑戦ができる喜びを感じつつ、頑張ります。

でも、私が作ったアプリを使っていただいている方々のため、絶対に、アプリメンテは辞めません。新しく始まるサービスをアプリに取り込んで、さらに良いものにしていきたいと思います。

いつでも、ここに遊びに来てくださいね!

iOS5 BetaをiPhone4 にインストールしてみた。

最近、いろいろありまして、なかなか更新できない事情がありまして、アプリメンテがサボリ気味・・・。
それはともかくとして、WWDC2011で、新しいiOSの発表がありました。

すでに開発者の間で、ベータ版がお試しでダウンロード&インストールできるようになっており、私も早速、やってみた次第・・・。
iOSのサイズは、iOS4.3自体は、1ギガちょっとだったのですが、それが600MB分増えていました。600Mです!600M!ぶっこんできたな〜っていう印象です。

一つ目のうりは、iCloudというサービス。
これはiPhoneユーザ全員に、MobileMeとおんなじサービスに加え、クラウドサービスが仕様できるようになる。
これにより、MobileMeのサービスは来年2012年6月30日で終了となる。
毎年、1万円払っていたのに・・・・。

まだよくわからないのだが、今まで使っていたMobileMeのサービスを継承してくれるのだろうか???
やってくれないような気がする(^^;

始めて、このサービスを開始する人にとってはうれしいかもしれない。
が、今まで使っていた人にとっては、発狂する人が出てくるのではないか心配・・・。

でも、早速、iCloudにアカウントを作成してみる。
MobileMeとは別のアカウントで・・・2重アカウントになってしまったが・・・
すると、あらたに「***** @ me.com」メールアカウントができた。このアカウントで受信したメールは、iCloud上で管理してくれるらしい・・・。

また、新たに5Gのオンラインストレージが取得できた。
が、アクセスする手段がない!。メールは置いてあるらしいのだけれど、わかるのはそれだけ。
iPhoneアプリの「iDisk」にて、アクセスができるかを試してみたが、結果できなかった。
MobileMeとiCloud自体まだつながっていないのかもしれない。

さて、このiCloudだが、売りがたくさんある。MobileMeと内容がかぶるかもしれないが列挙する。
 ・ メールの同期化(iPhoneとネットワーク上のあなただけのハードディスクとの同期)
 ・ 連絡先の同期化
 ・ カレンダーの同期化
 ・ リマインダー(新しく追加された機能・ToDoリストを作成できる)の同期化
 ・ ブックマークの同期化
 ・ メモの同期
 ・ フォトストリーム(写真をネットワーク上のあなただけのハードディスクに置いてくれる)
 ・ iPhoneを探す
 ・ iPhoneのバックアップ (Wifiにつながってないとやってくれない。)
 ・ オンラインストレージの容量アップ!(初期は5G、足りなくなったらお金で買える。)

いまいちピンとこないと思うので実例を上げてみよう。

あなたはPCを使っています。
その中には、たくさんの資料や、データ、写真が入っています。
たとえば、職場で、「うちのPCにあるあの資料がみれたらなあ・・・」
とか、「あの写真、おばあちゃんにみてもらいたいんだけど、家のパソコンのなかだわ」
とか、「新しくパソコン買ったんだけど、写真とか入れ直すのめんどくさいな・・・」

あると思います。
でも、iCloud(ネットワーク上のあなただけのハードディスク)に、データ、写真があれば、職場のPCにダウンロード(または、アップロード)したり、写真をその場でダウンロードしたりすることが可能になります。

また、iPhoneの内容もバックアップしてくれるので、iPhone買い換えたんだけど・・・
ってときでも、あなたのiCloudのIDがあれば、買ったその場で、新しいiPhone、iPad、iPod Touchに、あなたのデータがはいってしまうのです。

そう考えると非常に使い勝手がよくなるような気がしませんか??
そうした、ことを実現させたが、iOS5であり、それはもうそこまできています。

ってなわけで、開発者として試してみているのですが、これ大丈夫なのか?っていう事象が盛りだくさん!!!!

私個人として、かなり気になっているのは、ユーザ情報の管理のやりかた。
今ですら、AppleIDとか、MobileMeアカウント、電話番号などと、個人が意識しなければならない「ID」があるのに、iCloudもアカウントを作るの???

とか、あとは、通信に関する事象。
常に、iCloudに接続する状況ができるわけで、ソフトバンクの3G回線は耐えられるのか?

また、日本だけなのかもしれないけれど、メールを取得しようとすると「imap.softbank.netが応答しません!」と表示され、再起動をするか、アカウントを有効→無効→有効と操作しなければ受信できない。
( 個人的につかっているメール受信アプリでも、メールが受信できなかった。)

また、Wifiを個人が持っているiPhoneのバックアップを、定期的に行うのだ。
日本の通信インフラ自体に大きな負荷がかかってしまう恐れがある。

そんなわけないだろう?
って思うかもしれないけれど、実際にありえると思う。
たとえば、iPhoneやiPadは、グラフィックの美しさも大きなポイントで、そのグラフィックを極限まで使ったゲームなどがAppStoreで販売されている。
カプコン社からリリースされている、「ストリートファイター4」などは、発売と同時に、有料アプリランキング1位になった。
アプリの容量は約550MBあったと記憶しているが、発売と同時に購入した場合、数万人のユーザのiPhoneが一斉にそのアプリをiCloud上にアップロードしたとしたら?
ネットワーク障害を引き起こす可能性はあるとおもう。

そうなると、残念かな? iPhone5の発売は、見送られることもあるかもしれない・・・。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近の写真