フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月25日 (火)

よくわからないiPhoneの仕様。。。

最近、プロモーションに力をいれているわけなのですが・・・。
それにあたり、海外の動向なども調べたりしています。
今、力を入れているのは、レコーディングアプリのプロモーション。ということで、他の国の開発者がどのようなものを提供しているかをサーチしております。

正直、、、なんでこれがヒットしているんだ?みたいなものもあって、半ば意地になっています・・・笑

気がついたこととして、はやりチーム、会社で仕事しているところが多いという点。
加えて、クラウドサービスと連携するアプリを提供しているものが目立つ。
(この場合、クラウドサービスへの加入をうながすのが目的と思われる。)
そしてもう一つ、レコーディングアプリの中には、通話を録音できるという代物があることに気がついた。

確かに、通話を記録したいというニーズは、日本にもあります。
前々から携帯でも通話を録音できるものはあったと記憶しております。が、しかし、iPhoneではできないというのが私の認識。
というのも、iOS上のAV系のフレームワークで、電話がかかってくる、電話中の場合は、割り込れ、アプリが一時中断する。
また、同様に、通話中に録音アプリを起動し、録音を開始するも、内部でErrorが返ってくるので、できないものと思っている。

が、YouTubeにアップされているアプリのプロモーションビデオには、ばっちりできますぜぃ
とアピールされている。
日本でも購入者がいるようだが、「をい、通話ろくおんできねーじゃねーか!」のツッコミレビューが残っている。
なぜこんなことが起こるのだろうか?

一つは、国別に販売されているiPhoneの仕様の差が考えられる。
つまり、iPhone自体が各国の法律に基づいてカスタマイズされているということ。
あってしかるべき仕様ではあるが、リリースされるアプリの機能にまで影響するのかと思うと、自分自身も知っておかなければいけないことだな・・・としみじみ思う。

「をい!日本で使用できない機能をもったアプリをアップルさんが、日本で販売することを許すだろうか? いい加減なことをいうんじゃねぇ!」
と、おっしゃる方もいらっしゃるだろう・・・

こういう事象はアップル社ならありえると私は考える。
アップル社のサービスには穴があることが多い・・・。
ユーザ登録の際には、パスワードの構成に
 ・ 数字を入れること
 ・ アルファベットには大文字小文字を混在させること
を求めるが、パスワードの再登録時には、「小文字のみのアルファベット」で認証が通ってしまうのだ。
入力時と、更新時とでチェックロジックが違うのだ・・・。

アップルがiPhoneを販売している国は、78カ国(たしか・・・うるおぼえなのでまちがってるかも)。
アメリカの開発者が開発したアプリを、その国々の法律にアプリの仕様と照らし合わせるとは思えないのである。

しかし、本当にiPhoneで通話の録音ができるのだろうか?
YouTubeの動画を見ても、やはり疑問が残る・・・。ひょっとして、何かトリックでも・・・?
でも、複数のアプリでPhoneCall Recordが可能だとしている・・・。

どなたかわかる方がいらっしゃったら、ご教授ください。

プロモーションについて

最近、というかずっとなのかもしれないがアプリがランキング上位に入ることがなく、どうやって順位をあげたらよいか?どうやっていろんな人に知ってもらえるかを考え続けている。

一つはTwitter、FaceBookを活用すること。
Twitterは何となくわかってはきたが、Facebookについてはまだ感覚的に掴みきれていない部分がある。どうも、広告を作る手段があり、無料、かつ簡易的に利用出来ることもあり、Howto本なり用法なりが、世に出てきている。

正直、そこまで、観る余裕もないのだが、「急がば回れ」。
自分を何とか落ち着かせて、結果に繋げられればと思う。

こうした、ネットを使ったプロモーションに関しては、手探りでやってる段階で、まだまだ学ばなければならないことがたくさんある。
また、調べると、こういう集客や販売に関するコンサルタントも居るようだ。
彼らは何を使って、結果を出しているのだろう?

非常に気になる。。。

アプリ自体はそんなモノは悪ものではないと思っており、上手く人に知れ渡っていけばいいのだが、なかなかそういう流れを自分から作ることができずにいる。
悩ましいところだ・・・。

2011年1月14日 (金)

企業の新卒採用について その4

その4、と書きましたが、以前紹介した中国人技術者の方のその後についてちょっと思うところがあったので、記述します。

年があけて、本人から話を聴く機会がありました。
良いエージェントに恵まれてか、転職活動は非常にうまくいっていると本人は語りました。
もう、ほぼ毎日のように面談が入り、忙しいとのこと。

しかしながら、下記のような不満を言っていました。これは、いろんな意味で考えさせられることであると思います。

 1.約束の時間に行っても、出てこない。
 2.条件面で、年収〇〇○万といっても、いざ、その交渉に入ると、値切り出し、
   今勤めている会社よりも低い年収を提示してくる。
   さらに残業代を出さない。
 3.経験不足を指摘する。

とりあえず、日本語ができて、ある程度、実績のある中国の人だから会ってやるか・・・
などと、考えているのではないだろうか?
これらは相手を下げて、希望年収を下げさせる常套手段である。良い人材をより安く使おうというのだから、セコイ。

そもそも、中国のエリートがなぜ日本に来て仕事するかというと、割と近いし、治安が良いからという理由。親も多少の不安はあるけれども、送り出してもよいかと判断するからだ。

中国の人は、金にきたない、自分勝手だ、仕事ができない・・・などなどいろいろ言う人もいるが、そんな彼らも言う。日本の会社のやり方は汚いと・・・。

だからこそ、自分で行って見て、判断しなければわからない、だから毎日、面談に出かける。ご足労なことではあるが、仕方ないのかもしれない。

2011年1月 3日 (月)

アプリまとめ。

昨年度は、お世話になりました。
昨年度、リリースしたアプリをまとめてみました。

・薄毛治療を始める前に

http://itunes.apple.com/jp/app/id372924840?mt=8
  ・・・ 薄毛を治そうと、がんばって内容をアプリにしました。とりあえず、成果はでた。

・Hair loss Cure Without Medhicine
 http://itunes.apple.com/jp/app/hair-loss-cure-without-medicine/id382793408?mt=8
 ・・・ 上記の英語版。

・iLittleRecorder

  http://itunes.apple.com/jp/app/ilittlerecorder/id393753061?mt=8

  ・・・録音した音を逆回ししたり、4つの音まで同時に再生できるアプリ。
   また、録音パラメータを変更することにより、さまざまな高品質、低品質、さまざまな音質で録音できます。
   バージョンアップを重ね、Wifi、iTunesを通じて、録音ファイルをPCに転送できるようになっております。また、iTunesを通じて、お手持ちのmp3を転送し、同アプリの中で再生できます。

・ iMIC
  http://itunes.apple.com/jp/app/imic/id394924748?mt=8
  ・・・ iPhoneのマイクとスピーカーを使った、マイクアプリ。
    その他に、iPhoneのヘッドフォンジャックに、スピーカーを接続し、音を出すことも可能。また、BlueToothマイクによるインプットも可能です。

・ 不眠打波Lite
  http://itunes.apple.com/jp/app/id399548810?mt=8
 ・・・ 不眠を解消するために、自然の波の音を集音し、アプリにしました。

・ 不眠打波

 http://itunes.apple.com/jp/app/id400921254?mt=8

  ・・・ 不眠を解消するために、自然の波の音、虫の声を集音しアプリにしました。
    Lite版の違いは音の種類が増えている他、写真ライブラリがさらに充実してます。

・ OresundLite
  http://itunes.apple.com/jp/app/oresundlite/id406768192?mt=8
  ・・・ ビジネスに特化したレコーダーアプリ。Lite版なので、機能制限がありますが・・・

・ Oresund

  http://itunes.apple.com/jp/app/oresund/id406659401?mt=8

   iLittleRecorderと同様、録音パラメータを変更することにより、さまざまな高品質、低品質、さまざまな音質で録音できます。
   バージョンアップを重ね、Wifi、iTunesを通じて、録音ファイルをPCに転送できるようになっております。また、iTunesを通じて、お手持ちのmp3を転送し、同アプリの中で再生できます。
   また、バックグラウンド録音、再生。電話などの割り込み後も継続して録音します。

こんな感じ。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

最近の写真