フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.9リリース | トップページ | 踊る人々 »

2010年12月18日 (土)

企業の新卒採用について その2

あまり、人のことをつらつらと書きたくはないのですが、当たり障りなく記したいと思います。

中国の技術者に知人がおり、若いながらも非常に優秀で、常にチームの中心となって力を発揮するタイプです。
日本語は、来日して1、2年という状態でありながら、日本にいる外国人技術者の誰よりも優れ、会話、読み書きについては、ほとんどストレスなくできるばかり、英語にも堪能で、特に外国製の製品を扱う際に、その窓口的な役割も、になっていたのを覚えています。
それは、その方しかできないことでした。
日本語での仕事でありながら、日本人の技術者よりも仕事が早く、一日8時間の仕事を6時間くらいでこなしていたのではないでしょうか?

また、その方がプロジェクトリーダーとなって作成したWebアプリを私の方で引き継いで中身を見る機会があったのですが、しっかりとアーキテクトが構築されたコードが組まれており、一応の完成しておりました。
そのWebアプリ自体、仕様が不明確な部分が多く、彼らが開発したシステムを我々が引き継ぎ、反映されていない仕様を、お客様の指示のもと盛りこんでいくといった感じで、プログラムコードを通して、プログラムを作る力はあるけれども、データベースの値を取得するためのSQLが苦手であることから作成者はかなり若いことを感じ取った。
SQLは打鍵した経験に比例してうまくなっていくものだから。
それもあって、初めて顔を合わせたときは、さほど驚かなかった。
あとで聞いた話であるが、あまりプログラムを組んだ経験もなかったそうだ。

しかしながら、優秀さゆえに、いろいろと仕事に対して強い不満を感じているようでした。まあ、そういう状態で仕事を続けることは、本人のためにならないので、何度か話をする機会を設けた。
ちなみに、その方と私とはまったく違う会社に所属するもので、接点は同じプロジェクトに参加しているというだけ。その不満は大小に関わらず、多岐に渡り、かつ、その不満の対象もさまざまでした。
なぜ、そんな非効率なことをやるのか?だとか、なぜ、お客様に問い合わせた内容が、何日も返答がないのか?なぜ、報告会が時間通り始まらないのか?なぜ、打ち合わせの資料がない中で打ち合わせを行うのか?やることをやっているのに、勤務についてうるさく言われるのはなぜか?平気でプロパーの仕事の振り方がひどすぎる。エンドユーザからの問合せのメールをそのまま転送してくる。つまり丸投げ。メールを置くr前に、いちいち、日本語をチェックされる。問合せに対して、お客様から回答がないと、夜の21時まで常駐し、返事待をさせられる。早く仕事を終わらせて帰ろうとすると、仕事の成果の報告を求められる。体調が悪いときに休むと、月の終わりには、何度休んだかをいちいち指摘される。
などなど・・・でるわでるわ。
さらには、名目はコンサルタントではあるが、実際の仕事は客先へ派遣されて、自分らの仕事をやるかたわら、契約にない、彼らの仕事も代行させるのが納得できない。そんな仕事をするために今の会社に就職したわけではない。意味のない作業も多すぎる! 会社で頑張って、いろんな仕事をこなし、すべてにおいて成功させているのにもかかわらず、年功序列のせいで正当な評価がされていない、とも語った。
そうこうしているうちに、顔を合わせてから、3ヶ月くらいで現場から居なくなったばかりか、会社を辞めてしまった。会社に在籍した期間は一年とちょっとだったらしい。

日本人であれば、「お客様は神様です。」と、疑問を感じながらも言われたとおりの仕事をこなすだけだろう。いくら不満に思うと、その思いを旨にしまい、ひたすらそれを続け、次第に思考力を失っていく。
それが良いかと言われれば、それはそれでまずい事象ではある。
それに対して、いちいち、ああだこうだ、と提案させてくれと言う輩は嫌われる。それが私だった。

その方がいっていることに問題はあるか?
については、私が聞いた中で、まったく非はないと考える。仕事ぶりをみるにあたって、周りがその方の足を引っ張っていたし、また、上司に当たる方からは手にあましてることを告白された。
切れすぎるのだ。切れすぎる刀は時に、周りをズタズタにしてしまうことがある。

マネージャーと呼ばれる人と、何度も面談を繰り返していたらしいけれども、結局は溝を埋めれず、切れ者は去っていったのだった。
去り際に、私は個人的に連絡先を交換しておいた。おそらく、他に行っても多くの軋轢を生み出すであろうし、そのことに対して、悩むようになるからだ。
それは、その方に取って最大の不幸を生み出す。
私は、そのまま潰れてほしくなかったし、将来、どういった道を歩むのか興味をもったからです。

そして、今も、自分の感覚と日本の会社とのギャップに悩まされているようです。

続きはまた、今度。

« [iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.9リリース | トップページ | 踊る人々 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144298/50332480

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の新卒採用について その2:

« [iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.9リリース | トップページ | 踊る人々 »

最近の写真