フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

企業の新卒採用について その3

前回は、私の知人で、新卒で日本の会社に入社した中国人技術者について書かせていただきました。
たしかに優秀な方ではありますが、日本の会社と自己のギャップに悩んでいます。

企業側はただ、優秀でやる気があって、まじめである、と自分たちが使い勝手のよい人材であり、日本にきて仕事をしたいという、彼らの要望とマッチしていて、良いことづくめであると考えているようですが、それは大きな間違いだと思います。

彼らがどのようなキャリアプランを持っていて、将来はどうありたいのか、そういうことを考える会社はどれほどあるのでしょうか?
おそらくは、ゼロだと思います。
経営者や人事担当者には、労働者に対して、与えられた仕事をやればいいとか、自分で物事を考えて動く人材でないと困るとか、「使う」という意識が強い方が多いと思います。
個々のキャリアプランに対して、サポートするようなことは一切無く、逆に歯車になることを求めます。

外国人に対しても、しっかり、働いてくれればいいさ、と甘い考えでいると、お互いに不幸な結果を招きかねません。
彼らは日本に来て働くことに対して、何らかの目的があってくるわけです。
それは、給料が良い、ということもあるでしょうし、またキャリアを積みたいという想いも持っています。
しっかりしたビジョンがなければ、せっかく採用しても、早ければ1年以内に辞めてしまうでしょう。

また、彼らは結果を急ぎます。
これだけやったんだから、給料UPしてくれや、対外国の仕事をこれだけやったんだから、認めてくれ。と、言います。

日本人の新卒採用の子たちのように、3年ガマンしろ、とか、まだまだ下積みなんだよ、だとか、仕事を任せてもらえるようになるには10年はかかるんだよ!
なんて言っても、何言ってやがるんだ、馬鹿じゃねーの!?
と感じることでしょう。
非常に、合理的な思考が備わっているので、根性論や、新卒だから、という理屈は通用しません。

逆に、仕事をできない、◯年目の社員を比較対象として、待遇面や給料面での向上を要求することでしょう。そうでないとしても、ある程度、仕事を学んだなら、次のステップへと、ジョブホップするでしょう。
彼らの最終的なビジョンとして、母国で起業することであることが多いと思います。
それも、3年〜5年以内で。
無茶だろう?と思われるかもしれませんが、それだけの能力はあると思います。
私は、外国人を採用するに当たって、日本で生活し、最終的に日本人になってもらう、くらいでないと国益につながらないと考えます。

外国からの出稼ぎ労働者は、稼げるときは、日本で稼ぎ、十分稼いだと思ったら、自国へ戻り、悠々自適に暮らす。
土地に根づかないと、意味が無いのです。
しかしながら、彼らはこう考えます。
日本は金を稼ぐために行くところ、老後を過ごす場所ではないと。
彼らは日本に居ても、先はないことを見抜いているのです。

企業には目先の事だけ考えずに、10年後、20年後、100年後を考えてもらいたいところ。

2010年12月25日 (土)

クノールのCMが・・・

みなさん、そんなことないと思うのですが、私個人としてどうしても「食べ方が汚い」とう理由でクノールのカップスープの食べ方CMが不快感を感じずにはいられないのです・・・。

つけパン、ヒタパン、あげくには、なまパン・・・。

子供の頃、はミルクにパンを浸して食べるってことはしましたが、大人がああいうのをやるのはどうかと思ってしまいます。

歳のせいか、食事のマナーがなっていない。

と感じるのです。

私が古いだけかもしれませんが。。。

2010年12月18日 (土)

踊る人々

auから発売されたISO3が好調で、生産が追いつかないらしい。

いろんな面で驚かされる。
なんで、あんなスマートフォンが?
というのが私の見解で、正直な感想として、iPhoneの3GSよりも動作が緩慢で、WindowsのスマートフォンをWILLCOMで提供していたときと使い勝手が変わっていないと感じる。

日本が作るスマートフォンは、シンプルイズザベストではなくなってしまった。色んな付加価値を付与し、ゴテゴテで使い勝手が悪い物、という悪いイメージを持ってしまう。

今までのサービスを継続させるのは、良いことではある。

が、企業心理として、それを価値の高い物として扱いたいのもわかるが、それではユーザーが損をしてしまう。

イーモバイルか提供する携帯機器は、シンプルでありながら、非常に使いやすく、かつ、低価格で私個人としては満足が行く品であった

顧客満足度、という言葉が生まれて、さほど日は経っていないが、あまり高くないような印象がある。

をいをい、価格ドットコムの☆は限りなく、満点に近いぞ!と反論があると思う。
しかし、口コミ掲示板をみてみると、質問の嵐だ。つまり、使いこなせてない人が多いのだ。

大体的なプロモーションに、踊らされていると言える。
ご心配なく、私もかつては、踊り狂った一人だ。

今思うと、無駄遣いしたなあ、としみじみ思うのだ(^_^;)

だから、スマートフォンを考えている人には容赦なく、iPhoneをすすめている。
自分が使って、満足している。
いや、間違っても、開発者だからという理由ではない

企業の新卒採用について その2

あまり、人のことをつらつらと書きたくはないのですが、当たり障りなく記したいと思います。

中国の技術者に知人がおり、若いながらも非常に優秀で、常にチームの中心となって力を発揮するタイプです。
日本語は、来日して1、2年という状態でありながら、日本にいる外国人技術者の誰よりも優れ、会話、読み書きについては、ほとんどストレスなくできるばかり、英語にも堪能で、特に外国製の製品を扱う際に、その窓口的な役割も、になっていたのを覚えています。
それは、その方しかできないことでした。
日本語での仕事でありながら、日本人の技術者よりも仕事が早く、一日8時間の仕事を6時間くらいでこなしていたのではないでしょうか?

また、その方がプロジェクトリーダーとなって作成したWebアプリを私の方で引き継いで中身を見る機会があったのですが、しっかりとアーキテクトが構築されたコードが組まれており、一応の完成しておりました。
そのWebアプリ自体、仕様が不明確な部分が多く、彼らが開発したシステムを我々が引き継ぎ、反映されていない仕様を、お客様の指示のもと盛りこんでいくといった感じで、プログラムコードを通して、プログラムを作る力はあるけれども、データベースの値を取得するためのSQLが苦手であることから作成者はかなり若いことを感じ取った。
SQLは打鍵した経験に比例してうまくなっていくものだから。
それもあって、初めて顔を合わせたときは、さほど驚かなかった。
あとで聞いた話であるが、あまりプログラムを組んだ経験もなかったそうだ。

しかしながら、優秀さゆえに、いろいろと仕事に対して強い不満を感じているようでした。まあ、そういう状態で仕事を続けることは、本人のためにならないので、何度か話をする機会を設けた。
ちなみに、その方と私とはまったく違う会社に所属するもので、接点は同じプロジェクトに参加しているというだけ。その不満は大小に関わらず、多岐に渡り、かつ、その不満の対象もさまざまでした。
なぜ、そんな非効率なことをやるのか?だとか、なぜ、お客様に問い合わせた内容が、何日も返答がないのか?なぜ、報告会が時間通り始まらないのか?なぜ、打ち合わせの資料がない中で打ち合わせを行うのか?やることをやっているのに、勤務についてうるさく言われるのはなぜか?平気でプロパーの仕事の振り方がひどすぎる。エンドユーザからの問合せのメールをそのまま転送してくる。つまり丸投げ。メールを置くr前に、いちいち、日本語をチェックされる。問合せに対して、お客様から回答がないと、夜の21時まで常駐し、返事待をさせられる。早く仕事を終わらせて帰ろうとすると、仕事の成果の報告を求められる。体調が悪いときに休むと、月の終わりには、何度休んだかをいちいち指摘される。
などなど・・・でるわでるわ。
さらには、名目はコンサルタントではあるが、実際の仕事は客先へ派遣されて、自分らの仕事をやるかたわら、契約にない、彼らの仕事も代行させるのが納得できない。そんな仕事をするために今の会社に就職したわけではない。意味のない作業も多すぎる! 会社で頑張って、いろんな仕事をこなし、すべてにおいて成功させているのにもかかわらず、年功序列のせいで正当な評価がされていない、とも語った。
そうこうしているうちに、顔を合わせてから、3ヶ月くらいで現場から居なくなったばかりか、会社を辞めてしまった。会社に在籍した期間は一年とちょっとだったらしい。

日本人であれば、「お客様は神様です。」と、疑問を感じながらも言われたとおりの仕事をこなすだけだろう。いくら不満に思うと、その思いを旨にしまい、ひたすらそれを続け、次第に思考力を失っていく。
それが良いかと言われれば、それはそれでまずい事象ではある。
それに対して、いちいち、ああだこうだ、と提案させてくれと言う輩は嫌われる。それが私だった。

その方がいっていることに問題はあるか?
については、私が聞いた中で、まったく非はないと考える。仕事ぶりをみるにあたって、周りがその方の足を引っ張っていたし、また、上司に当たる方からは手にあましてることを告白された。
切れすぎるのだ。切れすぎる刀は時に、周りをズタズタにしてしまうことがある。

マネージャーと呼ばれる人と、何度も面談を繰り返していたらしいけれども、結局は溝を埋めれず、切れ者は去っていったのだった。
去り際に、私は個人的に連絡先を交換しておいた。おそらく、他に行っても多くの軋轢を生み出すであろうし、そのことに対して、悩むようになるからだ。
それは、その方に取って最大の不幸を生み出す。
私は、そのまま潰れてほしくなかったし、将来、どういった道を歩むのか興味をもったからです。

そして、今も、自分の感覚と日本の会社とのギャップに悩まされているようです。

続きはまた、今度。

2010年12月17日 (金)

[iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.9リリース

お陰様をもちまして、iLittleRecorderが、Version1.0.9になりました。

http://itunes.apple.com/us/app/ilittlerecorder/id393753061?mt=8

以前のバージョンと比較して、早送り、巻き戻しを5倍速でご提供できるようになっております〜。

My Little LoverのAliceを逆回ししました。

企業の新卒採用について その1

最近、内定率の話題をちらほら見かけた。
高校、大学の新卒の内定率が50%を少し上回るくらいしかないらしい。
たしかに、この時期に来てこの数字は厳しい。景気が持ち直したなんて嘘なんだってことが見て取れる。

私たち、ITに関わる仕事の間でも、低価格で高いパフォーマンスを発揮できる人材を求められているようで、
例えるなら、「40代のスキルをもつ20代の若者」を欲しているのだ。

その状況から、察するに、「人は足りていない」ので、「即戦力となり、体力がある人材が必要」、「育てる余裕がないし、コストも可能なかぎり下げたい」。
と、まあ、都合のいいことばっかりいうわけですよ。これは中小企業に多い。

新卒学生の大手志向がおかしいという評論家が多いけれども、私はそこに「賢さ」を感じる。おそらくは各大学が過去の概卒の学生がどうなったかを分析して、指導しているのではにかと考える。
そんなの無理な話で、無いものねだりも甚だしい。

以前、私は大手電機メーカーの社内システムを請け負っており、そのとき採用された新卒者がどのような指導を受けていたのかを知ってる。そして、中小企業・零細企業が新卒者にどのようなOJTを施すかも知ってる。
そして、10年後、どうなるかも、知ってる・・・。
あえて詳しくは書かないが、大手電機メーカーの指導のほうが100倍優れているし、100倍大事にされる。特に技術に関わる仕事を目指すのであれば、よほどの優れたスキルを持つ学生でない限り、大手に囲われたほうが「安全」である。

ちょうど、超氷河期と言われた私たちの世代が大学を卒業して10年。
中小企業に就職した学生に比べて、大手に就職した学生のほうが充実した人生を送っていると私も思う。

大手企業であっても、40代のスキルを持った学生とまではいかないまでも、優秀な学生が欲しい様子。
中国の優秀な学生を採用し、日本の会社で正社員として働いてもらう、そんな様子が取りざたされています。
しかしながら、これは前々からあった流れではありますが、すごいのはその割合。
以前は、日本人6割〜8割、中国から4割〜2割だったのに対し、今年は8割を中国からという会社が出てきたとか。。。パナソニックっていう会社らしいのですが・・・。
そりゃやり過ぎだと思うのは私だけでしょうか?

たしかに、80年代生まれの中国の学生は優秀と言われています。それは、子供の頃から激しい競争にさらされているからだと言われています。そのなかで勝ち抜き、さらには日本で働くチャンスを得たとなると、そりゃもう、めちゃくちゃ優秀なわけなんですよ。

私が知っているケースを書きます。
日本で働けるかどうかの試験があるそうです。その試験にパスしければ中国の外に出て仕事ができないそうなのです。しかしながら、IT技術者に関しては若干、敷居は低いみたいですね。
技術系であれば、ソニー、パナソニック、マイクロソフト、アクセンチュアグループ、IBMなどといった名だたる会社が大学でセミナーを開き、そこで優秀な学生を青田買いしていくらしいです。
そうやって、日本にやってくる中国の学生は、家柄、教育、どれをとっても、トップクラス。
何しろ、一日、8時間は勉強し、試験前になると何日も徹夜をする、っていう連中ですから・・・。

私も一人、そういう子と一緒に仕事をしたことがあります。今でも付き合いはあって、たまにご飯いっしょにしたりします。
たしかに、めちゃくちゃ優秀。20代前半にして、30代中頃の技術者が持っている知識や技術を持っていると思います。しかしながら、この子の場合、切れすぎる部分があり、その切れ味を日本の会社の中で発揮できないことに対して、不満を持っている様子が伺えます。

それは次の機会に、述べさせていただきます。

Mac App Store

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/12/16/117/index.html

2010年12月15日 (水)

JAバンクのCMが酷い、

松下奈緒さんが出演する「JAバンク」のCMがひどすぎる。。。

子どもが、大人に、
「松下さん、ボーナス入ったんでしょ?」
「ボーナスはJAバンクに貯金よね。冬のボーナスはJAバンクだから。
ボーナスって人のテンション上げる何かがあるのよね。」

子供にこんなことを言わせるのって、酷いと思う。。。
あのCMを見て、絶対、JAバンクにはお金預けないって、心に誓った。

2010年12月10日 (金)

アプリのプロモーションコードについて

今朝、私のもとにアップルさんからこんなメールが届きました。

Promo codes are a great way to offer your app to the media for promotional purposes or for them to review and test your app. Your promo code distribution is no longer limited to U.S. customers. Promo codes can now be redeemed through any App Store around the world. You can request 50 promo codes per version of your app from iTunes Connect.

つまり、どういう事かといいますと・・・。
開発者が自身のアプリのプロモーションを行う際に、プロモーションコードというコードを50個、用意でき、これをiTunes Storeのコード入力より入力を行うと、あら不思議、無料で該当のアプリがダウンロードできちゃうのです。

これは、自身のアプリのプロモーションで、厳選したユーザに使ってもらい、レビューを書いていただけるわけなのです。
しかしながら、このプロモーションコードには制限がありまして、アメリカのApp Sotreでしか適用使えなかったのです。

しかしながら、今回、そういう制限はなくなりましたよ。という通知だったのです。
これは、個人でやっている開発者に取っては嬉しい限り。

今後のプロモーションがやりやすくなると思います。

[iPhone Appl] Oresundについて

先日、12/9にOresundLiteがリリースされました。
有料版の「Oresund」につきましては、一度、審査にひっかかってしまい、現在、再審査中です。
うーん、Lite版は、有料版があってこそ生きるものなのに・・・。残念でしかたないです。

それはともかくとして、この「Oresund」ですが、名前の由来について、語らせてください。
アプリの名前をどうしようかな・・・と考えていたところ、「VoiceRecorder」などの在り来りな、名前をつけるのは嫌だったのです・・・。

そこで、SoundRecorderとは?
と思いついたのですが、すでに、該当するアプリが存在していたため、NGに。
そこで、辞書をしらべたていたところ、「TheSound」と呼ばれる地名があることがわかりました。
これは、スウェーデンとノルウェーの国境となっている海峡の英語名である「スウェーデン語」にすると、「Oresund」になるとのこと。

おお!これだ!
と思い、付けた結果、Oresundになりました(^^;
非常に、単純な理由ですね。
北欧の人にはちょっと、え・・・?とおもわれるかもしれません・・・。

このOresundという発音から、あ、女の子の名前にも聞こえるなあ・・・と思い、アイコンは女の子を採用。
しかもなぜか花嫁。。。ちょっとでも、華やかな方がいいかな?と思ったものでして。

これを輪郭だけをデザインし、にじませて作ったのが今回のアイコンになります。
私個人としては非常に、気に入っております。
が、、、アプリの内容とかなりかけ離れたものになったのでは・・・?
と懸念もあり、微妙な気持ちが・・・。

OresundLite自体は無料なので、是非、ダウンロードしてみてください。
http://itunes.apple.com/us/app/oresundlite/id406768192?mt=8 

2010年12月 5日 (日)

スマートフォンのバックアップどうしていますか?

冬モデルの携帯が続々、発売されています。
中でも、スマートフォンのラインナップが各キャリアから発売され、出そろった感じが出ています。

実際に、私も量販店にお邪魔してはやりのAndroid携帯を触りに行ってきました〜。
触ってみて、あ、いいかな?って思えたのは、Softbankから出ているHTC社の新型のスマートフォン。
非常にタッチパネルの感度がよく、iPhoneの操作感覚に一番近いと感じました。

auから出ているシャープ製のスマートフォンも見てきました。
しかしながら、HTC社製のものに、比べて、アイコンが見づらく、また、タッチパネルの感度も悪いし、画面も比べると暗い感じがしました。
カメラも、解像度はあるけれども、シャッターが降りるのが3テンポくらい遅く、3年ほど前の携帯電話のカメラのようでした。。。
ん〜、ちといまいちだな〜、と感じました。
あと、気になったのは、見づらさが操作性の悪さにつながってるな、と感じました。
操作するのに、戸惑っちゃうことがあり、あまり直感的な操作を実現できてないようにがしました。

Android携帯を触っていて、気になったのがバックアップの取り方。
たとえば、OSのバージョンアップする際に、今まで購入したアプリや、データはどうやって管理されるのだろう?。

Windows の場合、OSごとの入れ替えになるため自分でダウンロードしたアプリのCabファイルを、自分で管理し、アップデート後に、再度、インストールするという手間がありました。
唯一、救いだったのはWindowsLiveによって、アドレス帳のバックアップと同期化を自動でやってくれたこと。それ以外は自分でやる必要がありました。
自分で作ったデータに関しては、Windowsから提供されているソフトをPCにインストールすることによってある程度は同期をとってくれましたが、リストア用のバックアップを作成してくれるまでには至らず、バックアップをとりたい場合は、アプリを購入が必須でした。

iPhoneの場合は、iTunesの管理に任せておけば何も問題ないので、iOSがバージョンアップしても、アップグレード後、アプリや音楽といったデータのリストアまで自動でやってくれるので、非常に利便性が高い。
iTunesではコンテンツの種類別にiPhoneと同期が取れるため、機種を交換した場合も、スムーズに移行することが可能なのだ。
もし、iPhoneを無くしちゃっても、極端な話、もう一台かって、iTunesとつなげば、以前バックアップをとったときのコンテンツ、データを導入し、無くしたiPhoneと殆ど変わらない状態にもっていける。

で、Androidの場合は?
iTunesに該当するようなものは存在するのかといえば・・・どうもないらしい。
リストア用のバックアップを取るのにも、結局はSDカードにそのバックアップを作成することになるとのこと・・・。それようのアプリを導入が必須となる様子。
バージョンアップの際には、自分でバックアップをSDカードに取って、自分で新しいOSをダウンロード&インストール、バックアップからリストアという手順を踏まなければならない様子・・・

改めて、iPhoneを使うことにより、そうしたファイルデータや、バックアップの管理を意識することから解放されているのだなと、新しい発見になりました。

とはいえ、知人曰く、「便利が人を退化させる」とのことですが^^;
まあ、とらえ方は人それぞれだと思います。笑

2010年12月 3日 (金)

猫のビデオ

知人に頼まれて、リンク貼ることにしました。
よかったら、見てあげてください

2010年12月 2日 (木)

4G通信について

4G通信ってご存知ですか?
50M〜1Gbpsの通信が可能な移動体通信システムなのですが、まだ日本での実用化には至っていないものです。
現段階ではE-mobileさんのみで、かつPCでの通信のみ。まだまだ規格統制段階といったところでしょうか?

また、現在、日本では3G通信がほとんどであり、切り替え、もしくは4G用の通信暗転なの増設を考えると、まだ携帯での利用は難しいと思われます。

しかしながら、この4Gですがアメリカ、カリフォルニアのほうではすでに実用化されている様子。実際に、4G対応のアンドロイド携帯がHTCから発売されているとのこと。
実際に、見せてもらいましたが、ごっつい機種でした・・・

4Gの話題は来年以降に持ち越されそうですが、今後、携帯端末に大きな影響をおよぼしそうですね。

2010年12月 1日 (水)

[iPhone Appl] Oresund リリース!(追記あり)

http://itunes.apple.com/us/app/id406659401?mt=8

「Oresund」は今まで音に関するアプリを作成しており、今回はその集大成のようなものとしてビジネスに特化したレコーダーアプリを開発しました。

機能を大幅に拡張しましたので、変更点は赤字で記しています。

「OresundLite」と違い、機能制限は設けてお りません。

ご興味のある方はこちらを御覧ください〜。

( There is English sentence under the Japanese word,)
Oresund の主な機能

1.録音機能
 ※オートレコーディングOnで、アプリ起動時に自動で録音を開始します。
 ※4.オプションの設定にて、AutoUpload Onで、録音終了時に、
  自動でDropBoxへアップロードを始めます。

 ・ファイル名の設定(デフォルトのファイル名は日時になってます)
 ・レベルメーターの表示
 ・録音時間の表示
 ・録音の一時停止/再開
 ・着信があった場合、一時停止、終了後、自動で録音に復帰。
 ・ファイル名の変更、
  ・・・録音終了時に、ファイル名の変更、メモの入力、写真登録ができます。

2.録音パラメータの設定
 ・データフォーマット
  PCM / AppleLossLess / IMA4 / ACC / iLBC / aLaw / Ringtone
  ※ RingtoneはiPhoneの着信音を作成するためのモードです。
 ・チャネル (stereo / monoral)
 ・サンプルビット ( 16/ 24/ 32/ 64 bit)
 ・録音品質 ( Min/ Low/ Medium/ High/ Max )
 ・サンプルレート( 0 〜 100.0 MHz)
 ・ビットレート( 0 〜 1024 Mbps )
 ・録音時間の指定 ( 2時間まで )
 ・上記設定パラメータの保存&設定( 3つまで設定が可能)
 ・デフォルトパラメータの設定

3.録画機能(iPhone3GS、iPhone4、iPod Touch 4G 、iPad2  )
 ※ 4.オプションの設定にて、AutoUpload Onで、録画終了時に、
  自動でDropBoxへアップロードを始めます。
 ・・・搭載されているカメラデバイスに機能が依存するため、一部使えない
    機能がある機種があります。
 ・ファイル名の設定(デフォルトのファイル名は日時になってます)
 ・フラッシュ機能
 ・フォーカス、ホワイトバランス、露出モード搭載(シングルタップ、ダブルタッチで設定)
 ・録画品質(Low、Mid、High、480p、720p)
  ・・・ Midが既存の録画頻出です。720pはHD撮影を指します。
 ・画面角度の変更
  ・・・右90度、左90度、180度の回転
 ・ミラー機能
 ・フォトアルバムへの出力設定
  ・・・Oresundだけでなく、「写真」にもビデオを出力します。
 ・スナップショット撮影
 ・カメラの切り替え(iPhone4、iPod Touch4、iPad2)
 ・ファイル名の変更、
  ・・・録音終了時に、ファイル名の変更、メモの入力、写真登録が可能。

4.オプション設定 (iPhone 's Setting )
 ・オートレコーディング機能(On/Off)
  ・・・ アプリ起動時に録音を開始。
 ・タイマー設定( On/Off , 時間設定)
  ・・・ オートレコーディングで、録音する時間を指定。
 ・DropBox アカウント作成&設定
 ・AutoUpload(On/Off)
  ・・・録音・録画完了後、自動でDropBoxへアップロードします。

5.レコーディングリスト
 ・検索機能
  ・・・ファイル名、入力したメモの内容を検索できます。
 ・ファイル名のインデックス検索
 ・メール送信
  ・・・題名にファイル名、本文にメモが入り、録音or録画ファイルと写真
     メモを添付された状態でメールを送ることができます。。

 ・DropBox転送
  ・・・アカウントが設定されていない場合は設定することができます。
     またお持ちでないでも、すぐにアカウントの作成が可能です。

 ・Wifi転送
  ・・・ iPhoneをWebサーバー化し、無線LANを仲介し、
      PCのブラウザからOresendのファイルにアクセスします。
   <やり方>
    ① 無線LANにiPhoneを接続
    ② 「Wifi Sync」を選択
    ③ iPhoneと同じ無線LANに接続しているPCのブラウザ
      (インターネットエクスプローラー等)を立ち上げます。
    ④ 画面に表示される「http:// ~ 」をブラウザのアドレスに入力
     します。
    ⑤ ブラウザにファイルリストが表示されます。ここからダウンロード
      が可能です。
 ・写真メモの表示/非表示
  ・・・レコーディングリストに、各ファイルに添付されている写真メモ
     を表示したり、非表示したいるすることが可能。

 ・ファイル名変更
  ・・・ファイル名の変更、メモ、写真メモの編集が可能です。

6.再生機能
 オーディオファイルの再生:
  ・再生機能:
  ・再生位置の指定
  ・早送り機能(5倍速)
  ・巻戻し機能(5倍速)
  ・音量ボリュームの変更
  ・ループ再生のOn/Off
  ・レベルメーター
 ビデオファイルの再生
  ・再生機能
  ・早送り/巻き戻し
  ・一時停止

 オーディオブック機能:
 ・・・PCMで録音されたオーディオファイルに限り、オーディオブックの
   ような機能を提供しています。
   ・再生:0.5〜2.0倍で再生速度の調整が可能
   ・タイムラインの表示
   ・音量ボリュームの変更
   ・ループ再生のOn/Off

7.その他
 ・iTunesによるファイル共有機能(iOS 3.2より対応)
  ・・・音楽ファイルのダウンロード、ファイルのインポートが可能
 ・オーディオファイルの録音・再生時はマルチタスクで可動
 ・録音中に着信があった場合、録音を一時中断し、通話終了後、録音を再開
  します。
 ・再生時に着信があった場合、再生を一時中断し、通話終了後、再生を再開
  します。
 ・BlueToothマイクによる録音が可能
 ・iPhoneの設定画面
  ・・・オートレコーディング機能のOn/Off
     オートアップロード機能のOn/Off
     DropBoxアカウントの設定

---------------------------------------------------------

Oresund has Too many function , but you are not  worry.
You can understand Intuitively and  control all the functions !  It has beautiful and organize interface!

Oresund is the Best Recorder made great audio File or vide File , because Oresund draw a limit of your device !

Oresund's  Main functions :

1. Audio Recording function
 ※ When AuotRecording is On, Oresund start recording.
 ※ When AutoUpload is On, Oresund upload the file at finishing recording Immediately
 ・input FileName ( Default file name is yyyymmdd hh24,mm ss )
 ・Display Level Meters
 ・Display  recording times
 ・During recording, can record pause / restart.
 ・Change file Name
  When the recording finish, you can change the file name , and input your note, and add picture in audio File.
 ・If it interrupt by Ringtone , pause recording and finish talking , continue record.

2. Set the Recording Parameter
 ・Data format:                    PCM / AppleLossLess / IMA4 / ACC / iLBC / aLaw / Rington
  ※'Ringtone' is able to record iPhone's Ringtone
    ・Channel:                   Monoral / Stereo
 ・ SampleBit:                     16 /  24 /  32 /  64 bit
 ・Quality:                     Min / Low / Medium /  High /  Max
 ・Change SampleRate:   0 to 100.0 MHz
 ・Change Bit Rate:        0 to 1024 Mbps      
 ・Recording Timer:           0 to 2 hours
 ・Save the Parameter & Set.
 ・Setting Default Parameter.

3. Video Recording Function ( only iPhone3GS, iPhone4, iPod Touch 4G, iPad2 )
 ※ When AutoUpload is On, Oresund upload the file at finishing recording Immediately 
 ・Flash :                        on / off / Auto
 ・Focus, AWB, AExp,:    on / off / Auto
 ・Quality :                     Low / Mid / High / 480p / 720p
  ※Usual Video recording Quality is Mid, and 720p 's mean HD mode.
 ・Orient :                       Port / Upsi / Left / Right
 ・Mirror:                      on / off / Auto
 ・camera toggle
 ・Output Photo Album   on / off
  ※ the video recording output to photo library.
 ・Change file Name
  When the recording finish, you can change the file name , and input your note, and add picture in video File.

4. Options Settings
   ・Auto Recording:                  On / Off
  ※When AuotRecording is On, Oresund start recording.
   ・Timer Settings:                     On / Off  and Set the Time.
  ※When AutoRecording is On, you can set the time finish recording.
 ・Create DropBox Account or Setting DropBox Account
 ・AutoUpload:                        On / Off 
  ※ When AutoUpload is On, Oresund upload the file at finishing recording Immediately

5. Recording File List
   ・Search Function
  ※ you can search the Audio or Video File by file's name or your notes.
 ・index search Function.
 ・Mail Transfer
  ※ mail's title set Audio or video File Name, mail's sentence set your note.
    and attach Audio or Video File and the Picture.
 ・Transfer to DropBox (online Strage)
  ※ If you do not have DropBox Account , you can create Account and Transfer File immediately.
  ※ if you do not set DropBox Account , you can set Account and Transfer File immediately.
 ・Transfer on your PC by Wi-Fi connection
  < How to >
   ① your iPhone connect to Wi-Fi.
   ② Push the "Wifi Sync" button.
   ③ start browse on your PC
   ④ input PC's browse the address.
   ⑤ display the recording list on PC's browse
 ・Display picture by Audio or Video File: On / Off
 ・Change File Name
   Change the File Name, modify your note, and picture.

6. Player function
 Audio File Player
  ・Play / Pause
  ・Stop
  ・Display and Set the Time Line.
  ・forward  (2X to 5X)
  ・Rewind ( 2X to 5X)
  ・change volume
  ・Loop:  On / Off
  ・Display Level Meter

 Video File Play
  ・Play
  ・forward
  ・Rewind
  ・Pause

 AudioBook Function
  ※ this function is likely AudioBook in iPhone.  This mode play only the Audio File recorded PCM.
  ・Play ( you can change play speed  0.5X to 2.0X )
  ・Display and Set the Time Line.
  ・Change volume.
  ・Loop: On / Off

7.Others
   ・file sharing on iTunes( after iOS 3.2  )
  ※ recording file's download and other audio file update
 ・Recording or Playing Audio File, are multi tasking.
 ・RingRIng
     if interrupt while recording, pause the recording and finish the work interrupted restart recording
     if interrupt while playing, pause the playing and finish the work interrupted restart playing
 ・record using the Blue Tooth Mic
 ・iPhone's Settings

Photo_2

Img_1_2Img_2

Img_3

Img_4

Img_5

[iPhone Appl] OresundLite リリース

http://itunes.apple.com/us/app/oresundlite/id406768192?mt=8

新しくiPhoneアプリをリリースするための告知です。
今まで音に関するアプリを作成しており、今回はその集大成のようなものとしてビジネスに特化したレコーダーアプリを開発しました。

どこがビジネス?
といいますと、ファイル検索に力を入れています。
また、加えて、録音パラメータの設定が可能としています。

しかしながら、今回はLite版ということもあり、機能をかなり制限しています。。
その代わり、無料でご利用いただけます。

ご興味のある方はこちらを御覧ください〜。

http://www.youtube.com/watch?v=hbfqgm1lYqc

Oresund の主な機能

 1.録音機能
   ・レベルメーター
   ・録音時間の表示
   ・ファイル名の変更
   ・メモの作成
   ・録音の一時停止
   
 2.録音パラメータの設定
   レコーダーとして、品質のよいレコーディングに加え、長時間&低サイズの録音が可能。
   ・データフォーマット
      ・PCM
      ・iLBC
   ・チャネル
      ・ステレオ
   ・サンプルビット
      ・16bit
      ・24bit
   ・録音品質
      ・Min
      ・Low
      ・High
   ・サンプルレート
   ・ビットレート

 3.ファイル一覧
   ・検索機能
    ・・・ファイル名、メモの検索が可能
   ・ファイル名によるインデックス検索

 4.再生機能
   ・通常の再生
   ・再生位置の指定
   ・ボリュームの変更
   ・ループ再生
   ・レベルメーター

 5.その他
   ・録音ファイル名の変更、メモの設定
   ・再生・録音はシングルタスクのみ
   ・着信などの割り込み処理
    ・・・録音時に割り込みがあった場合、録音を一時中断し、割り込み終了後に録音を再開します。
    ・・・再生時に割り込みがあった場合、再生を一時中断し、割り込み終了後に再生を再開します。
   ・BlueToothマイクによる録音が可能

※ iOSの仕様上、通話の録音はできませんので、ご了承ください。
                   

Photo

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近の写真