フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アプリを紹介するアプリ。 | トップページ | 髪を短くした。 »

2010年11月12日 (金)

英語ができないと舐められる。2

少し間を置いてしまいましたが、英語ができないと。の続きです。
英語ができれば、英語圏なら、どこでも話は通じるか?
について。

実際は通じないことが多い。
たとえば、私とインドの人が話をしたときに、同じ英語を話しているのだが、お互いに通じることはなかった。

また、過去にこんな話しを聞いたことがある。
とても、英文学の学者が、海外でスピーチをしたときのこと。
スピーチのあとで、ものすごい拍手があったそうだ。
しかし、その後のパーティで、「いや、日本語があんなに美しい言葉だとは思わなかった」
と声をかけられたというエピソード。

これは、発音がしっかりしていないと、だめなんだぞ!という教訓と共に、英文学の学者であってもしゃべると全く通じないんだぜ。という揶揄が読み取れる。

今にして思えば。、これは学者が英語ができなかったのが悪いのではなく、
話しかけた人が「日本人の発音」に慣れていなかったのだ。

さて、黒人、ヒスパニック系、イギリス系、フランス系、インド人、日系人、アメリカ人などなど。
あなたは、どんな人たちと会話したことがありますか?
英語で会話するんだから、何の差もないでしょ?と思うかもしれない。

話の聞き取りやすさは人種によって違う。
話をする相手の発音だけでなく、「周波数」といえばいいだろうか? 言葉として認識できず、音楽のように聞こえてしまうのだ。
また、黒人、ヒスパニック系、イギリス系など、訛りもあると、話をしているだけでストレスに感じることもある。
私の場合、イギリス系の英語が、頭に響いて、まともに話をできない。。。
逆に、日系アメリカ人であったり、日本人のハーフ、クォータの話す英語は聞き取りやすい。

ネイティブにとっては、このような差は問題としないと思うが、日本人がそこまでの英語力を身につけるには、そういう環境に身を置くのが一番だと思う。

なかなか、そういう機会にめぐまれないので、難しいのですが、私の場合、よく米軍基地にでは入させていただいています。
代理店となっている会社を通じて、先生を紹介してもらうことで耳をならしています。
いろいろな方がいらっしゃるので、いい勉強になります。

しかしながら、いわゆる「DQN」な人もいらっしゃるので、代理店を介して紹介してもらうことが必須です。

« アプリを紹介するアプリ。 | トップページ | 髪を短くした。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

英語はまさにそのとーり。ある国際会議でインド人の英語がまったくわからなかった。隣のフィリピン人に、わかるか?って聞いたら彼女も理解できなかったとのこと。こんなもんですたい。
あと南米人の英語も、人によるんだろうけど独特。特にメールの文章はTOEICの文法正誤問題を解いてる気分にさせてくれる。文頭からいきなりHeで始まったメールにはド肝を抜かれた^^。

> ブルー将軍様

コメントありがとうございます。
お仕事の場での、ご苦労、お察しいたします。

英語圏であっても、文法的なものもその土地土地で違ってくるのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144298/50007758

この記事へのトラックバック一覧です: 英語ができないと舐められる。2:

« アプリを紹介するアプリ。 | トップページ | 髪を短くした。 »

最近の写真