フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.4リリース&告知 | トップページ | [iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.5リリース »

2010年11月 1日 (月)

スマートフォンの選び方11 ディスプレイについて

先日、ドコモから発売されたギャラクシーSをみたいと思い、近所のドコモショップに出かけたのですが、入荷待ちだそうです・・・。

残念です。
はめ込み画像しかなかったのが残念・・・。
実際に手に取ってみた方は、ラッキーですね。

実際に手にしてみたかった理由は、ディスプレイをチェックして見てみたかったからです。
というのも、この機種は有機ELを採用しており、どのくらいの輝度で、かつ太陽光のもとでちゃんとみられるのかどうか?を知りたかったわけなのですが・・・。

しかしながら、技術の日進月歩は凄まじいと感じます。
私が研究室にいた事は、有機ELの電気的特性を評価していた段階だったと記憶しています。

無機EL(窒化物によるEL)に比べて、有機EL(酸化物によるELはそれ自体が発行するため、バックライトが不要となるので、デバイス自体の軽量化が可能、かつ、寿命も長いという利点があります。さらに、バックライトがない分、消費電力も抑えられる。輝度、彩度、ともアドバンテージをもった品なのです。

私が、有機ELの製品を手にしたのは、4年前。東芝のGigabeateシリーズが最初でした。

そのときのディスプレイは、小さいながらも非常に輝度が高く、見やすいものでした。

そういうものであればよいのですが、実際は大人の事情で有機ELを使用できないという製品もあります。

そういう製品は、太陽光の下で使うと、あら残念。

見れない!ということがあります。これは普通の携帯にも起こりえます。

まだ、携帯のようにボタンを押下できるものであれば、よいのですが、すべてタッチパネルで操作するタイプだと、電話が掛かってきても、通話ボタンがどれかわからない!!

などということが発生します。

そんなわけで、ディスプレイって大事なんです。

今後、有機ELがパソコンにも使われるようになれば、さらに軽量化、消費電力を抑えられるようになるはずです。

それは、それで実現して欲しいところなのですが、、、私個人としては、東芝の電池・SCiBはいつになったら、実用化されるのでしょうか?

http://www.scib.jp/

5分で、蓄電量の90%の充電が可能とし、電気自動車への搭載も期待されていますが。。。

これがノートPCに搭載されるようになれば、モバイル機器に革命が起こると思います

しかし、2010年度中には、これが搭載されたPCが登場するという話だったのですが、未だにそんな話が聞こえてきません・・・。

これも大人の事情なのでしょうか?

« [iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.4リリース&告知 | トップページ | [iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.5リリース »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144298/49907762

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンの選び方11 ディスプレイについて:

« [iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.4リリース&告知 | トップページ | [iPhone Appl] iLittleRecorder Vesion1.0.5リリース »

最近の写真