フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スマートフォンの選び方1 バッテリー | トップページ | スマートフォンの選び方2 用途 »

2010年10月 8日 (金)

WiMAXについて

そーいえば、WiMAXを一時的に利用していたことがありました。
WiMAXがサービスを初めてまもなくのことだったと記憶しています。

しかしながら、ちっとも電波を拾えなくって、そっこうで解約しちゃいました(^^;
私がWiMAXを使っていて、気がついたことを記しておきます。

 ・ 移動しながらの通信ができない
 ・ ビルの中、建物が密集した場所での通信ができない
 ・ 高い場所ではつながる。
 ・ すぐに電波がとぎれ、途切れると、管理ツールが電波を探しにいく。
   頻繁にとぎれるので、管理ツールがCPUパワーを使ってくれるおかげでバッテリーを
   消耗してくれる。

まあ、つまりは、ぜんぜんつながらなかったわけです(^^;。
しかしながら、少し、インターネットの書き込みを拝見すると、だいぶサービスは改善されている様子ですが、はやり、建物の中や、ビルとビルとの間は弱い様子。

その原因は、WiMAXが使用する電波帯にあります。
WiMAXの電波の周波数が、いくらくらいなのか?数字は憶えていないのですが、理屈はこうです。
高速通信を実現させるには、電波に多くの情報を乗せることが必要です。
情報を多く載せられる、電波というのは周波数帯がより高いものになるのです。
しかし、この周波数が高いと、「回折」できないのです。

回折について↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E6%8A%98

周波数が高い分、電波が建物の裏に回り込むことができなくなるのです。

そのため、都会のビル群の中に、アンテナが立っていたとしても、そのアンテナから発せられる電波でその地域一体をカバーすることができず、つながるところと繋がらない場所がでてくるのです。

建物の中でWiMAXを受信できない理由もここにあり、外から電波が建物の中に入ってこれず、窓際に行かないとつながらないという事態を招くわけです。

「モバイル」において、安定した通信を供給されないということは、致命的だと思います。
なので、WiMAXは地方などの高い建物がない場所であれば、安定して通信を供給できると思いますが、都心部で使うのは、あまりお勧めできないのかな?と思います。


追伸 :

「安定した通信」という意味では、ソフトバンクさんにも頑張っていただきたいな〜とは思います(笑)。
無線LANを配ったり勧めたりすることによって3G回線への負担を減らそうというのはいいのですけれど、今の時代、無線通信技術は国が進める「道路建設」と変わらないくらい重要な社会インフラであり、安定したサービスを提供していただくこと。それが国から認可された会社の責務であると思います。

ドコモを追い抜くのであれば、ドコモと同じくらいか、それ以上のインフラ網の整備が望まれますね。

・・・お前が考えることではない?
ごもっとも・・・。

« スマートフォンの選び方1 バッテリー | トップページ | スマートフォンの選び方2 用途 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144298/49682306

この記事へのトラックバック一覧です: WiMAXについて:

« スマートフォンの選び方1 バッテリー | トップページ | スマートフォンの選び方2 用途 »

最近の写真