フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スマートフォンの選び方7−2 スマートフォンを使う利点 | トップページ | iPhoneの特徴について »

2010年10月16日 (土)

明るくない日本の電子書籍について

今年に入って、Kindleや、iPadの日本での発売に伴い、日本電子出版協会なる協会が組織された。
彼らが、電子書籍市場を作るらしいです。

アホか!
っていうのが私の見解。

iPadが販売され、アメリカで始まったiBookStore。
そこでは、一般の人も出版できる仕組みがあり、一般の人でも安く自費出版できるのでは?と思われた。
さらに、職業作家たちが、出版社を介さずに出版できるため、出版業界全体で、拒否反応が出た。

その産物が日本電子出版協会。
各出版社、作家に対して、抜け駆けすんじゃねーぞっていう、圧力になったのではないだろうか?

また、彼らから、面白いことを聞いた。
「本の質が下がる。」
本当に読まれなければいけない本がくだらない出版物で、埋もれてしまうという懸念があるとのこと。

をいをい、いつから君たちが「本の質を管理していたのだね?」
誰にでも、言論の自由があるし、その手段を「本」、電子書籍という形をとってもヨイではないか?
何が問題なのだ?
自費出版で出版された誤字脱字が多かった本だって、ベストセラーとなり、映画になったものもある。
上から目線であったことが笑える。

という、歯頸を丸出しにして取り組んだのが、アプリ「薄毛治療を始める前に」である。
たまたま、ネタを持っていたので、実際にレポートにしてみたわけである。
実際に、ご購入いただいた方はわかると思うが、中身は電子書籍としての形式を取っている。

私は常々、不思議に思うことがある。
それは、著作権や版権を訴えるのがクリエータ本人でないケースが多いこと。
はやり、出版物って、利権の塊なんだと感じる。

電子書籍によって、今あるビジネスモデルが壊れることを、恐れているのだと思います。
テレビで、町の本屋さんが潰れてしまう・・・などと同情的な報道もありました。

また、電子書籍というものを普及させるつもりはないようです。
それは、紙の書籍と、変わらない金額で販売していることから、それが伺える。
日経経済新聞を、iPhoneで読もうとした場合、月額4000円もかかるそうです。
新聞を購読している場合、+1000円で電子版も読めるとのこと。
ちなみに、新聞の購読料は3500(朝のみ)。
本のコストのうち、紙のコストがかからないため、安く読めるようになってしかるべきであるのに、紙の購読料よりも高いってどーいうことよ?
しかも、こっちは通信料まで払って、記事をダウンロードするのに・・・。

iPhoneとかの電子デバイスで読みたいなら、その選択肢はつくってやるよ。
でも、アドバンテージは認めない。
ってな感じなのでしょうね・・・。
新しいビジネスに対応できない店や会社は無くなっても仕方が無いと思うし、それが経済の正しい流れであると思うのですが。。。

もし、作家さんや、漫画家の方で、自分でiPhone、iPadで出版したいという方がいらっしゃったら喜んで協力させていただきます。
誰にも管理されない、より良いコンテンツを創り上げるお手伝いできればと考えております。

« スマートフォンの選び方7−2 スマートフォンを使う利点 | トップページ | iPhoneの特徴について »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144298/49753546

この記事へのトラックバック一覧です: 明るくない日本の電子書籍について:

» 無料で本を出すための便利ページ [文書と文章の便利ページ]
作家を目指す方へのちょっとだけ便利ページ 最近、ライトノベルや携帯小説の隆盛もあり、小説を書き始めた方が多いようです。 また、小説以外でも、ビジネス書、専門書、エッセイ、写真集や画集など、様々な分野で新人作家の方々が本を出せるようになってきました。 か…... [続きを読む]

» 『文例集では書けない超速 ビジネス文書作成マニュアル』 [私の通勤読書メモ]
この本はちょっと驚いた。 仕事柄、文書(企画書、報告書、議事録)を大量に書かねば成らないことがあるだが、例文集の類は買う気になれない。 まず、オリジナルの企画書や報告書で例文集は役に立たないし、例文が欲しければネット上であれば無料で入手できるからで…... [続きを読む]

» 薄毛をさくっと治す [人生のショートカットblog]
忘れもしない1999年3月、私の髪の毛は突然抜け始めました。そして1週間後、髪の毛はもちろん、なんと全身の毛を失ったのです(全身脱毛症)。以来3年間も私は「無毛人間」として、精神的に辛い3年間をすごしました。 [続きを読む]

« スマートフォンの選び方7−2 スマートフォンを使う利点 | トップページ | iPhoneの特徴について »

最近の写真