フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「帰れま10」の心理 | トップページ | iPhone4を使い出して通信費が跳ね上がった件 »

2010年10月12日 (火)

スマートフォンの選び方5 電波

使っているiPhoneを人に見せると、
「ああ、いいねぇ〜」というが、実際にiPhoneに乗り換えた者はいない。。。

その理由の一つとしてソフトバンクの電波が入らない地域があることを理由にする人が多い。

確かに少し山に入ると、繋がらないこともあり、登山が趣味、という人にとっては致命的なことかもしれないのだが、基本的に人が多く住むところで、繋がらないという地域はないと思うのだが・・・。

確かにソフトバンクのアンテナは少ないらしい。
実際にどのくらいの数が設置しているのかはわからないが、サービスの展開の仕方で、それをうかがい知ることができる。

ここ1年〜2年くらいで、ソフトバンクから販売される携帯に「Wifi」が搭載されるようになった。
これは、3G回線でなく、無線LANが使えるところでは無線LANでインターネットに接続します。
と、いうサービス。

さらにはソフトバンクで無線スポットを設けたり、また、おまけで 「Fon (http://www.fon.ne.jp/)」を配ったりもしている。
Fonルータはただの家庭用の無線LANではない。
Fonにユーザ登録することによって、そこの家に設置しているFonルータが発する電波を拾い、ネットに接続できるのだ。
また、ポケットWifiの販売にも力を入れている。

こうしたサービスを実現させる背景には、通信費を抑え、安く使ってもらうという建前もあるとおもうのだが、それ以上に、「3G回線を通じてインターネットに接続してほしくない」という側面が見えてくる。
3G回線は無限ではなく有限なリソース。
通話は仕方ないにしても、インターネットには別の手段を使って欲しいと思うのは、いずれの通信キャリアも同じ。

何かで読んで覚えがあるのだが、ソフトバンクの調べでは、携帯の利用は8割が家で使うケースが多く、そのほとんどが通話ではなくメールやインターネットの利用であるとのこと。
そこは、合理的な孫社長。
家でインターネットやメールを使うなら、家から接続したらいいじゃないか?と考えたのだろう。そうすることで、弱点である「電波」の問題も軽減することができる。

iOS3.0が発表された際に、デザリングが使える、というので一時話題になった。
デザリングとは、携帯を無線LANと化し、パソコン、ゲーム機などがiPhoneに接続、iPhoneから3G回線を通じてインターネットに接続する技術のことだ。

しかしながら、ソフトバンクはデザリング機能を封印してしまった。
その要因には、やはり、電波を占有することを嫌ったためだと思われる。

対するドコモの場合はどうだろう?

ドコモのスマートフォンに対する電波の割り当てについては、彼らの都合に合わせる戦略をとっている。
i-modeではなく、mopera.net を介して、3G回線には接続しており、携帯とスマートフォンとで棲み分けを作っている。
そして、必ずパケットを5980円きっちり取る。

さらにいうと、PCから、ドコモの端末をつかって、接続する場合、12000円(上限)もかかる。
これは、使わせてやってるのだから、それなりに、お金払ってもらうよ?
と、暗に述べているものと私は考える。

それはなぜか?
以前、PHS電波つかった、通信ではどんなに利用しても5800円/月だったのだ。
それが、FOMA(3G回線)を使うようになってから、おかしな制約を課すようになった。
PHSの代りとして、新しくFOMA回線を使ったPCカードが販売された。
しかしながら、HTTPプロトコルの通信のみ。私が説明を受けたときは、メールの送受信すらできるかわからにという危うい代物だった。
それでいて料金も、パケットをかかった分だけ支払うハメになるのだ。

代替を考えているのであれば、同じ金額で同じサービスを提供して欲しかったのだがそれはさせてもらえなかったのだ。

今のサービスについては、ドコモさんもかなり譲歩をしたものだと感じる。

をいをい、ドコモからも3G回線を使ったWifiルータ(http://www.teigaku-docomo.net/wi-fi.html)が販売されているではないか?
とツッコミをうけるが、これも実際は制約にまみれたサービスで、自由に使うことはできない。
また、スマートフォンでも、無線LANに接続しながら3G回線を受信できないように制限をかけており、安く使うことができない。
ユーザよりも、自社に損を出さないようなサービスを展開し、リソースを使うのがドコモである。

auについては、最近はWiMAXも使えるPCカードを販売しているが、個人が持つ分にはまだ少し高いようにに感じる。
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/shuhenkiki/data01/service/ryokin.html
auのスマートフォンを使ったことはないのだが、こちらも、ドコモと同じくらいの料金設定になっているようだ。
http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/waribiki/double_teigaku_super/index.html

意外と、通話だろうと、通信だろうと、電波を使わせてくれるのはE-mobile。
もともと、データ通信から始まっている面もあり、逆に通話がおまけみたいになっている部分はあるので、他のキャリアに比べるとかなり安くすむ。
サポートしているエリアに問題があるらしい。
http://emobile.jp/area/areamap.html
地方の主要都市はサポートできているようだが、電車での移動中、途切れることがあるかもしれない。
それでも、私個人の感想だがエリアサポートはソフトバンクと同じくらいだと思う。
ポケットWifiが入らないところでは、iPhoneも電波を受信できないし、iPhoneが繋がらないところでも、ポケットWifiもつながらない・・・。

いいコンビである。。。

WillComのスマートフォンについては、他のキャリアに比べると、かなり安い。
が、速度については、ものすごく微妙。使えるアンテナの数を契約に含まれるのだ。
たしか、今自分がいる位置で、使えるアンテナの数が多ければ多いほど、通信速度が早く、上限にして、512kBit/Sec (64k × 8) の通信を行えるのだが、そんなことはまれで、実際は、128〜384kBit/Secが限度。
また、3G回線を使用可能なPCカードもあるが、上記の金額よりも若干安いにとどまっているのが現状である。
http://www.willcom-inc.com/core/core_3g/index_02.html

なぜ、各社3G回線を占有することを嫌うのか?
その理由は、電波が有限であるためだと、上記でも述べた。
今の携帯通信の仕組み自体は、アンテナが立つ場所から、一定のエリアに電波を提供しており、そのエリア内の誰かが電話をかけるときに、携帯電話 → 電波 → アンテナ→ 通常電話回線 → 基地局 → 通常電話回線 → アンテナ → 電波 → 相手へとつながる。

お正月に、携帯電話のディスプレイに「回線が混雑しております」などの表示が出たことはないだろうか?
みんな一斉に電話をかけた結果、つなげられる電波がなくなったため、もしくは基地局のネットワークがパンクするために発生する現象である。

電話を切った後で、開放された電波は隣の人の携帯電話が受診するかもしれないし、もしくは、電話をしながら、新しくエリアに侵入した人が受診するかもしれない。
つまり比喩でもなんでもなく、本当に有限なのだ。

そんな中、PCなどでインターネットをするため電波を何時間も、もっと言えば何日も占有されてしまうと、他の人が接続できなくなる可能性が出てくるのだ。
ひとりのために、そんなことを許せません><。。。
というのが、各キャリアの言い分であり、彼らから言わせると電波ジャックだ!になるわけです。

Willcomと契約する際には、「2時間に一回、ネットが切れるかもしれんません。」
と言われ、通話のときも「90分に一回は切断してください。お金かかるから・・・」と。
( Willcomの無料通話は実は連続接続時間の制限があったのだ・・・ )

また、パソコンからインターネットに接続すると思った以上にパケット代がかかって驚いた経験ありませんか?
私は以前、月に30分しかつながなかったにもかかわらず、5万のパケット代を請求されたことがあります。つまり、それだけ膨大なのデータのやりとりが発生していたということ。

これを3G回線で、さらに長時間、やられると他の人の通信にも影響がでます。

「ベストエフォート」という言葉、ご存知でしょうか?
まあ、噛み砕いていうと、「 最大で、これくらいのパフォーマンスがでます。」
という意味で、回線が完全にフリーで邪魔する要因がなければ、理論値としてこのくらいの通信速度がでます、というもの。
しかし、同じエリアに莫大なデータのやりとりをしている輩がいると、通信に必要なリソースを確保できず、「あ、つながらないや・・・」みたないことが発生するのです。

それは、スマートフォンにも言えることであり、ドコモさんは、imodeと別にmopera.netを通じてインターネットへの接続をすることや、ガチガチに制限することによって回避し、ソフトバンクさんは無線LANを普及充実させることによって回避しようとしているわけです。

孫社長が「光の道」を提唱するのも、わかるし、早く実現されることを切に願います。

« 「帰れま10」の心理 | トップページ | iPhone4を使い出して通信費が跳ね上がった件 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144298/49721996

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンの選び方5 電波:

» コウちゃんの走る日記 [コウちゃんの走る日記]
コウちゃんの走る日記 [続きを読む]

« 「帰れま10」の心理 | トップページ | iPhone4を使い出して通信費が跳ね上がった件 »

最近の写真