フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スマートフォンの選び方4 サポートについて | トップページ | 「帰れま10」の心理 »

2010年10月11日 (月)

多機能性について

iPadが発売されてから、iPadよりもデバイスとしてすぐれた製品であること、またiPadにはない機能の搭載をうたう製品が内外から発表されています。

これらをタブレットPCと呼ぶことにします。
これらのデバイスには、OSにはAndroidや、Windows7を搭載したモデルが販売されています。
iPadと違って、

 ・ カメラが付いている
 ・ USBケーブルが付いている
 ・ HDMIケーブルが使える
 ・ 電話ができる
 ・ 価格が安い

などなど・・・。いろいろあります。

「価格が安い」については、魅力を感じる方も多いかと思います。
しかしながら、日本の、最近ではアジアで作られるデバイスに、あれもこれも機能を盛り込むのはいかがなものかと思うのですが・・・。

汎用的といえば、汎用的なのでしょうが、もともとの設計コンセプトは一体何なんだろう?と感じることがあり、何をしたいのだろうか?と考え込んでしまうことがしばしば。

そういう面で、「タブレットPC」は、パソコンの延長なのだと感じます。
パソコンが持っている機能を継承しつつ、多少違う入力インターフェースを持っていても、使い方が違うだけで、その本質はあくまでパソコン。

iPadとは似ていても、その本質は違うものであると思います。
Android搭載のものについても、やっぱり、Androidなんだなあって、思える日と感じられる日がくるのでしょうか?

日本の携帯も多機能です。
パソコンは自分が必要な機能を使うソフトや、機器を選択することができますが、携帯の多様性は、そうした選択をさせてくれません。
いらない機能、たとえばワンセグ機能がなければ機種の金額をコストを下げられような気がしますが、そういう機種、ないですね。

日本の携帯には、自分が必要な機能を、選択する自由がないのが現状です。
知人に聞いたことのある話ですが、テレビ見れなくてもいいし、カメラもいらないからといい、「らくらくフォン」を購入しようとした際に、窓口で「若い方はご購入できません。」といわれたそうです・・・。
それもおかしな話です。

その他、携帯電話にはクレジット機能(Fedica)、電車の定期・・・。
正直、私は利便性より、携帯を紛失してしまったときのことを想像するとおそろしく、これらのサービスを使えませんでした。
しかし、こうしたサービスを利用している人の話しを聞くと、機種交換を考えたときに、スマートフォンは選択肢にないといいます。
やはり、享受している利便性が失われることを嫌います。

ドコモはXperia、さらにはギャラクシーを目玉にしておりますが、こうしたサービスをスマートフォンに継承しないことに対して、ドコモに対する不信感をもつユーザがいてもおかしくないと思います。

携帯キャリアの管轄はたしか、通産省だったと思うので、いきなり、「ウチサービスやめますから・・・」みたいなことをやりだすと通産省からお叱りを受けるのですが、こうしたも含まれるのでしょうか・・・?。
話がそれました^^;

ちなみに、ドコモが進めるスマートフォン展開について、最近はSPモードでi-modeも使えるとしておりますが、ちょっと前まで2台持つことを前提にしておりました。
今使っている携帯の機能を、そのままスマートフォンで使いたいという選択肢は出てこないのかもしれませんね。

多機能性は自分が使いたい機能を選択できなければ、単にサービスや機能を押し付けているだけに過ぎないと思います。

« スマートフォンの選び方4 サポートについて | トップページ | 「帰れま10」の心理 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144298/49717078

この記事へのトラックバック一覧です: 多機能性について:

« スマートフォンの選び方4 サポートについて | トップページ | 「帰れま10」の心理 »

最近の写真